横浜のクリニックでワキガ治療を受けることにしました

保険が適用されるかは症状による

そこで横浜にあるワキガ治療を行うクリニックに相談に行ったところ、それほどひどいワキガではないので自由診療になると教えてもらいました。
症状がひどい場合は保険が適用されることもあるようですが、私の場合は軽度だと判断されたので、治療を受けるには全額自己負担になることがわかりました。
治療費の概算を教えてもらったところ、20万円ほどかかるということでした。
ワキ部分にメスを入れて、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を取り除くシェービング法という治療法が自分に適していることがわかりました。
学生だということもあり、まとまった医療費を支払うのは大変だと困っていましたが、親から成人式の着物の代わりにワキガ治療を受けたらどうかと提案されました。

子供にワキガが遺伝した?イジメられないかな?どうしてあげればいい?不安になってしまっているお父さん・お母さん!悩む前に解決する行動を起こしましょう!子供のワキガ対策について公開しました→https://t.co/kV5eElf0zK #イジメ #わきが #制汗剤 #汗

— ワキガ対策の教科書 (@wakiga_no1) 2017年4月26日
特に成人式に出席したい、着物を着たいという思いはなかったので、すぐに親の提案に応じることにしました。
シェービング法は日帰り手術で可能なので、学校を休む必要もないのが嬉しいと感じました。
手術を受けるときは少し不安がありましたが、横浜のクリニックのスタッフがとても明るくて優しかったので不安が消えていきました。
メスを入れるということで痛いのではないかと思っていましたが、麻酔注射をしてもらったので気付いたときには終わっていました。
1時間もかからずに施術が終わったので驚いたくらいです。
処置をしてもらって、帰宅することができましたが、メスで切った部分を固定するため手を下におろすことができないので親に付き添ってもらい帰宅しました。

就職活動前に解決したい保険が適用されるかは症状によるノースリーブを自信を持って着られるようになった

子供 わきが / わきが